キレイでいるための日記

スポンサーリンク 

キレイでいるための日記 記事一覧

キレイでいるための睡眠

睡眠不足になっていませんか?じつは私も何となく睡眠不足気味かなぁと日頃感じているんです。というのは、私の肌の状態が今一つのように思えるんですょ。睡眠不足でお肌の状態が悪くなるのは脳にある自律神経中枢の疲れによることが原因なのだそうです。自律神経中枢はお肌の生まれ変わりや水分量をコントロールしているの...

≫続きを読む

 

ローヤルゼリーとは?

疲れやすいし、ちょっとイライラ気味だなぁ。何かをやるにもやる気がでない。頭がなんとなくぼーっとしてるような。30代なのにどうしたんだろう?更年期にはちょっとはやいと思うし?これって、プレ更年期?プレ更年期はストレスなどで、更年期症状と同じような不調がおこるのだそう。私も以前自律神経が不調といわれたこ...

≫続きを読む

 

ダイエットにも美肌にもよい雑穀

雑穀は、白米以外の穀物をさしますね。白米以外の穀物というと、小麦ふすま、はと麦、ごま,ヒエ、大豆などが雑穀の仲間です。食習慣の欧米化により食べる機会が減ってきていたそうですが最近雑穀に注目が高まっているそうですょ。日本人が雑穀を食べていたのは、紀元前3000年ぐらいからだそうで、第2次世界大戦頃まで...

≫続きを読む

 

毛穴のおはなし

毛穴というと小鼻のまわりが気になる方が多いそう。確かに小鼻のまわりの毛穴は気になりますね。もしも、毛穴に皮脂が詰まって黒くなってしまったらどうしていますか?ぎゅぎゅと押し出してしまいますか?皮脂が詰まっていたりしたらもう気になって洗いすぎてしまうでしょ、だけど洗顔は1日に2度ぐらいにしてね、洗いすぎ...

≫続きを読む

 

ビタミンC

ビタミンCって、今どきの成分とは思えないという人が多いそうですね。そうですょね、実はビタミンCは、100年近く前に発見された成分なんです。長い間、使用されてきているビタミンCは、安全性や効果を実証するデータが増え続けているそうで、注目も高く研究されている成分なんだそうです。人間やサルは体内でビタミン...

≫続きを読む

 

コラーゲンは本当に必要な成分なの?

コラーゲンはタンパク質の一種です。肌の真皮組織の約70%がコラーゲンで占められているそうですょ。人間の身体は約20%がたんぱく質で構成されていて、その中のコラーゲンは組織や細胞同士をつなぐ役割があります。コラーゲンは肌の生まれ変わりを促したり、代謝を促したりと、細胞に働きかける役目をしています。真皮...

≫続きを読む

 

セラミドってなに?

こんにちは、空気が乾燥していますね。お肌、かさついていませんか?肌のバリア機能が低下すると肌がかさついてしまうといいますょね。このバリア機能を作る働きをするのがセラミドです。セラミドは肌の表皮にあります。セラミドが充分であればバリア機能はどうなるのでしょうか?◎バリア機能は強化され肌内部の水分が蒸発...

≫続きを読む

 

オリーブライフ

毎日オリーブオイルを摂取する習慣のあった地中海沿岸に住む人々が健康、長寿だったことが分かったというのが1960年ごろだそうですね。そして、地中海式食事法が世界中に広まり、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている地中海式食事法は健康にも良いということが科学的にも証明されたそうですね。オリーブオイルの成...

≫続きを読む

 

紫外線に負けない肌対策

紫外線を肌表面で守る肌表面を日焼け止めで紫外線をカットしましょう。紫外線カット効果を示す数値であるSPFはUV−B波、PAはUV−A波を防ぐ指標ですね。紫外線対策の方法はそれぞれの方のライフスタイルに合わせて、肌表面から、外側から、内側からの3つの方法で肌を紫外線から守るとよいですが、「肌表面から、...

≫続きを読む

 

紫外線対策

カーテンも窓も貫通してしまうという強力な紫外線A波は恐怖ですょね。窓やカーテンも貫通してしまうって?いうんだけれど私は紫外線カット98%のカーテンを使っているんだけれどダメなのかな?紫外線A波は、肌の奥深くまで忍んでいつの間にか肌の奥にシミの予備軍を作ってしまうという悪者です。シミ予備軍 つまり、潜...

≫続きを読む

 

肌の回復をを助けてくれるプラセンタ

疲れがひどいと肌も元気がなくメイクのノリがいまいちだったり、肌がくすんで見えたりと肌も身体も調子が悪いなぁと感じたことはありませんか?特に子育てに、仕事に、お忙しい年代である30〜40代の女性は疲れがたまりやすく、ホルモンバランスも乱れがちで肌の状態もくずしがちになります。肌にも体にも元気を与えてく...

≫続きを読む

 

お肌の乾燥は大丈夫ですか?

11月も残りわずかとなりました。朝、晩 寒くなりましたね。空気が乾燥するこの時季、肌の乾燥も気になりますね。特に年齢を重ねた肌は水分が失われ乾燥しています。この乾いた肌に何の対策もしないでおくとさらに乾燥してしまいます。人間の体に占める水分の割合を調べてみると、子どもは70%、成人は60%〜65%、...

≫続きを読む

 

ほうれい線を作らない

こんにちは。外は、冷たい風が吹いて寒〜いですね。空気も乾いて、肌が乾燥しているから加湿器を置いたり肌のケアも十分にする必要があるでしょうね。お正月の同窓会での友人たちのこんな会話を思い出します。「もう、思いきり笑えなくなったわ〜。」「ほうれい線が気になるんだけどぉどう・・・?」「エイジングを気にする...

≫続きを読む

 

ドライスキン対策

こんにちは。空気が乾燥した寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?この時季はドライスキンでお悩みの方が多くなるようですね。お肌がカサカサしたりムズムズかゆかったりとドライスキンは困りものですょね・・・。空気が乾燥しているうえに睡眠不足気味。熱めの長風呂。肌の汚れをごしごし洗いすぎる。ダイエッ...

≫続きを読む

 

皮膚の老化-糖化について

肌の弾力が失われて、黄色くくすんでしまうといわれる糖化も皮膚の老化の原因とされています。こんな物語を聞いたことはありませんか・・・?私も最近聞きました^^あるところにお菓子の大好きなお姫様いました。そのお姫様はお菓子や炭水化物を食べ放題で食べてばかりいました。いくら食べても痩せた体型なのと運動嫌いな...

≫続きを読む

 

皮膚の老化と紫外線

光老化皮膚は体温調節をしたり、ばいきんの侵入を防いだり、汗腺、皮脂の分泌、温覚、痛覚、冷覚など神経細胞の感覚点を感知する働きをします。体温調節機能が落ちてくるので日射病や脱水などにも気をつけましょう。皮膚の老化の原因で注目されているものは紫外線ですね。紫外線は免疫力低下や、皮膚細胞を傷つけたり、皮膚...

≫続きを読む

 

口元の老化予防

毎日笑顔を作りましょう。よく笑う人は顔の表情筋が鍛えられています。口角をあげて笑うように意識することで口元のたるみ予防になります。毎食しっかり噛んで食べましょう。しっかり噛まないと表情筋の筋力低下につながり老化します。ナッツや豆類、キノコや海藻類、玄米や雑穀米など1日1回硬い物を食べましょう。水分を...

≫続きを読む

 

酵素とHSP

酵素入りの洗剤、生酵素、酵素ダイエット、酵素のサプリ、酵素入りのスムージーなど酵素が注目されていますね。酵素ってどんなものなのでしょうか?納豆、しょうゆ、味噌、ぬか漬け、魚の干物などをおいしくしてくれるのも酵素の働きがあるからです。消化の役割を果たすためのタンパク質分解酵素、脂質分解酵素は身体の中に...

≫続きを読む

 

食生活で老化予防

誰にでもできる老化予防は食事と運動といわれています。毎日の食生活の積み重ねは健康と若さを保ち続けるためには大切なことです。食生活から老化予防をするために続けたいことは、よく噛むことです。よく噛んで食べる・・・加齢に伴って睡液の分泌が悪くなってくるようです。よくかんでたべることで睡液の分泌を促進してく...

≫続きを読む

 

加齢による睡眠の変化

体内時計も老化する。光を感じて眠りをコントロールして、おおよそ夜の7時から12時ぐらいに眠れるように体のリズムを刻んでいる体内時計も加齢により老化します。年とともに眠りが浅くなったような・・・と、睡眠が気になることはありませんか?睡眠のパターンが次第に変化するのは40歳ぐらいからといわれます。夜、眠...

≫続きを読む

 

認知症低下の予防

脳の老化大脳の細胞数はどのくらいあるのでしょうか?140億もあるそうです。脳の神経細胞は非再生系の細胞といって一度作られると分裂しないものです。脳細胞は20代をピークに加齢により1日10万個単位で減少するそうですが、病的な原因がない限り心配はいらないようです。反射神経なども老化はしますがなだらかに低...

≫続きを読む

 

心の老化予防

生活の中でちょっと工夫すると心の老化を食い止められるといわれています。いくつになっても男の人も女の人もおしゃれ心をなくさないように心がけましょう!認知症の女性に化粧を施すと問題的な行動が少なくなるというデータもあるように、女性も男性も立ち居振る舞いや装いを心がけることが老化予防の大前提といわれます。...

≫続きを読む

 

耳と目の老化

高音部が聞こえにくくなった耳の聴覚の老いはなんと40代後半ぐらいから始まるそうです。蚊の羽音が聞こえますか・・・?小鳥のさえずりが聞こえますか・・・?ラジオやテレビの音量を大きくしていませんか・・・?「えっ、何?」など聞き直しが増えていませんか・・・?大きな声で話すようになってきていませんか・・・?...

≫続きを読む

 

筋肉と声帯の老化

加齢に伴って起こる筋肉量減少症(サルコぺニア)高齢になり運動機能が低下する原因に挙げられるのがサルコぺニアです。サルコぺニアの症状は歩き方が下手になってきたり、ふくらはぎがやせてきてハリを失っていたり、つまずくことが多くなり転びやすくなってきたり、すり足になるなどです。こんな症状になると生活の機能が...

≫続きを読む

 

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム(運動器症候群=ロコモ)は、高齢化により骨、筋肉、関節など運動器の機能障害から寝たきり状態など要介護になる方が増加したことで2007年に日本整形外科学会が予防の必要性とともに提唱したとのことです。厚生省も2013年3月に「健康づくりのための身体活動基準2013」で取り上げてい...

≫続きを読む

 

骨の老化

骨量が減少する加齢による骨の変化は骨量が減少することです。骨量は45歳ぐらいから男性も女性も減り始めるようです。女性は特に閉経後に激しく減るといわれます。女性の老化は骨からなどともいわれますね。骨代謝には女性ホルモンの影響が大きいので、閉経後女性ホルモンが激減すると骨代謝の骨破壊が進み形成が追いつけ...

≫続きを読む

 

歯の老化よりもっと怖い感染症

歯の老化年を重ねると歯の弾力を失いひび割れが出来やすい。歯を支える骨が弱くなり歯茎がやせて歯の根元が見えるようになります。加齢とともに睡液の分泌が減少して、細菌が増えやすくなります。細菌が増えると露出した歯の根元部分に虫歯はできやすくなりますが。歯の老化だけでは、歯が無くなりません。歯の老化よりもっ...

≫続きを読む

 

舌の老化予防

こんにちは、だいぶ涼しくなり過ごしやすく、秋を感じる季節となりました。これからの季節は食べものもおいしく感じられ食欲の秋ともいわれる季節ですね。そのおいしいものを食べるために必要な力といえば舌です。咀嚼(そしゃく)と嚥下(えんげ)に必要な舌の筋肉、咀嚼筋、側頭筋など年を重ねるとともに老化します。*咀...

≫続きを読む

 

年齢太り?

ダイエットしているときに、体重がおちにくいなぁと思ったことはありませんか?先日友人からこんな話を聞きました。「じつは、またダイエットをしているんだけれど、やせにくくなったように思う。」「前にダイエットしていた時と同じようにダイエットしてるがいまいちだ。」「年齢太り?」年を重ねるごとに、からだの中の脂...

≫続きを読む

 

酵素の働き

酵素の働きはどんなものなのでしょうか?酵素という言葉はよく耳にする言葉と思いますが、その酵素のイメージってどんなものなのでしょうか?私も酵素についてイメージしてみましたが、身体によいものというイメージが浮かびます。しかし、どんなものなのか?きちんと把握していないような感じなのです。身体、美容に良いも...

≫続きを読む