毛穴の目立つ原因と対策

毛穴が目立つ原因と対策

 

 

このページでは、毛穴について記します。

 

毛穴のトラブルを抱えていらっしゃる方は多いのでしょう?

 

毛穴が開く、目立ってしまう、悩みとはどんなことなのでしょうか?

 

 

毛穴が目立つ原因はいろいろあるでしょうが、大きく分けると、生活習慣、スキンケア、食べものなのだそうです。

 

毛穴というと小鼻のまわりが気になる方が多いのだそうです。

 

確かに小鼻のまわりの毛穴は気になるでしょう。
小鼻の周りというのは毛穴が開きやすいところでしょうね。

 

もしも、毛穴に皮脂が詰まって黒くなってしまったらどうしていますか?

 

ぎゅぎゅと押し出してしまいますか?

 

皮脂が詰まっていたりしたらもう気になって洗いすぎてしまうでしょ、だけど洗顔は1日に2度ぐらいにしてね、洗いすぎは禁物だそうですょ。

 

毛穴の皮脂をぎゅぎゅっと押し出すと肌を傷めるので、毛穴まわりの肌をあたためると毛穴のまわりが緩んで皮脂が出てきます。

 

その後で保湿や肌のひきしめケアをおススメします。

 

正しいスキンケアをすれば毛穴は小さく目立たなくなります。

 

 

 

脂っぽいものや甘いものを好んで食べる方は毛穴が開きやすいのだと言われていますょね。

 

なぜか?

 

それは、毛穴の奥にある皮脂腺から作り出される皮脂が必要量以上に余計に分泌されてしまうからです。
そして、毛穴に炎症が起きてしまうために角質が厚くなり毛穴が開いてしまいますので、脂っぽいものには注意しましょう。

 

日々のスキンケアやメイクによる毛穴の黒ずみの悩みを抱える方も多いのでしょう。

 

毛穴の黒ずみは毛穴に残ってしまったメイクの汚れや皮脂によるものが原因です。

 

よく言われているぽつぽつ毛穴は毛穴に皮脂や汚れが詰まった状態ですょね。
毛穴に皮脂や汚れが詰まると酸化して黒ずむのでぽつぽつ毛穴になってしまいます。

 

身体のサビ、つまり酸化は病気を引き起こす原因といわれていますが、肌、毛穴の酸化も、注意しなくてはなりませんよね。

 

スポンサーリンク

 

年代によっても違う毛穴が目立つ原因

 

10代のころの毛穴の目立ちは、思春期のホルモンの増加によるものが多いです。

 

大人の場合はホルモンのバランスの変化や加齢による代謝の低下やストレスなどによって毛穴が目立ってくるそうです。

 

毛穴が開き目立つようになる原因はいろいろあり対策が必要ですね。

 

ハリ成分であるコラーゲンやエラスチンなどが加齢とともに減ってくると毛穴の肌のまわりが緩んだりハリ不足になったりすると毛穴が目立つようになります。

 

ご存知のように、コラーゲンやエラスチンが減ってくるのは20代ぐらいからなのだそう、早いですょね〜。

 

毛穴のたるみはまさにコラーゲンや、エラスチンなどが年を重ねるごとに減って来ることが原因でしょう。

 

もしも今、あなたが毛穴がたるんでいるような?と感じたら?

 

よく言うたるみ毛穴と呼ばれるもの…毛穴が縦長になっているような?と感じたら?

 

毛穴が目立つ原因を知って正しいケアしてみましょう!

 

 

ストレスによる毛穴の目立ち

 

不足がちなビタミンBやストレスで消費されるビタミンCの補給も忘れずにとっておきましょう

 

十分な睡眠をとることや、ストレスをためないことはとてもだいじなことなんだそうですよ。

 

ストレスは、毛穴を目立たせてしまう大きな原因だったこと、ご存知でしたか?

 

ストレス、日々たまってしまいますよね〜。ストレスって怖いですね。

 

エレベーターを使わないことや、早歩きなどをすることなど、肌の活性を低下させないために運動不足にならない工夫も必要なのだとか。

 

 

以上。
毛穴の目立つ原因と対策について記しました。
次は毛穴が目立つという方のお化粧方法、お手入れ方法を記します。
参考になるといいなぁと思っております。

 

毛穴を目立たなくするお手入れ方法

 

上記、毛穴が目立つ原因と対策で記したように、毛穴の奥にある皮脂腺から作り出される皮脂が必要量以上に余計に分泌されてしまうことで起こるものや、スキンケアやメイクによる毛穴の黒ずみや、年代によっても違う毛穴の目立つ原因、ストレスなどのよるものなど毛穴が目立つ原因がいろいろありましたが
これら毛穴のタイプは2つに分けられます。

 

加齢毛穴と皮脂毛穴の2つです。

 

皮脂毛穴は前述でも記したように皮脂の酸化による毛穴の黒ずみによるものです。

 

加齢毛穴は加齢によるものですが、たるみによって引き起こされるこのタイプの毛穴の悩みを持つ方は多いです。

 

肌の乾燥や加齢とともにハリ成分であるコラーゲンやエラスチンなどが減ってくると毛穴の肌のまわりがゆるみしぼんできます。

 

ローションでうるおいをたっぷり与えてあげてくださいね。

 

洗浄による毛穴ケアに力を入れる方も多いでしょうが、弾力やキメ、ハリを高めるために、ローションでキメふっくら、ハリを整えることのほうが先決でしょう。

 

たるみ毛穴は縦長の毛穴ですが、ローションを塗るときには肌を下に引っ張らないようにしてくださいね。

 

ローションを持ち上げるように塗っていきます。

 

人間の体は重力で下に引っ張られていますから下から上に引き上げましょう。

 

たるみ毛穴はきちんとケアしないとどんどん進行するのだそうですよ・・・。

 

ローションの塗り方は?

 

ローションを3滴ほど、手のひらにとって広げる。

 

頬からこすらないで下から上に矢印のように塗ってくださいね。

 

 

毛穴

 

額は真ん中からこめかみに塗りましょう。

 

鼻は上から下にね。

 

口元もたるんでしまうと困るので、矢印のように口元はあごから鼻の下に向かって塗る。

 

目元は指でやさしくたたくように塗るとよいですよね。

 

最後にハンドプレスをする。

 

たるみ毛穴は洗浄よりも保湿をして防ぎましょう。

 

ローションの塗り方いかがでしたか?

 

矢印の方向に塗ってお肌を持ち上げてくださいね。

 

分かりにくかったでしょうか?

 

この方法って多分あなたも普段のお手入れ、保湿ケア、などの時にやられているのではと思います。

 

ハンドケアってとても大事なことですよね。

 

ていねいにケアして毛穴の老化を防ぎましょう。

 

以上。
毛穴ケアお手入れ法でした。

 

ではまた・・・。

 

関連リンク:アヤナスクレンジングクリーム/カタログ_SP

関連ページ

酵素とヒートショックプロティンの関係
酵素とヒートショックプロテイン(HSP)についてのページとなります。
ファイバーリッチ ナッツグラノーラ
ファイバーリッチ ナッツグラノーラについてのページとなります。
良質の睡眠とれていますか?
睡眠と美肌の関係、良質な睡眠と食事、睡眠とホルモンの関係などについてのページとなります。
肌の回復を助けてくれるプラセンタ
肌や身体にパワーを与えてくれるというプラセンタについてのページとなります。
酵素チャージでキレイになろう!
人が生きてく上で大切な成分である酵素 についての記事ページとなります。
紫外線に負けない肌対策
肌の外側から、肌の内側から、肌の表面からの紫外線対策についてのページとなります。
紫外線対策
紫外線対策についての記事ページとなります。
キレイでいるための睡眠
キレイでいるための睡眠のページとなります。
セラミドってなに?
セラミドについてのページとなります。
ローヤルゼリーとは?
ローヤルゼリーについてのページとなります。
ダイエットにも美肌にもよい雑穀
ダイエットや美肌作りにもよいという雑穀についてのページとなります。
いつまでもきれいでいるための栄養素
いつまでもきれいでいるためにはバランスよく栄養を摂ることだといわれています。意識して摂りたい栄養素についての記事ページとなります。
コラーゲンは本当に必要な成分なの?
肌や身体に欠かせないといわれるコラーゲンについてのページとなります。
オリーブライフ
オリーブライフについてのページとなります。
ほうれい線を作らない
ほうれい線についての記事ページとなります。
ドライスキン原因と対策
ドライスキン原因と対策 関連についてのページとなります。
AGEを減らす工夫
皮膚の老化の原因のひとつであるAGEについてのページとなります。
紫外線対策と皮膚の老化
紫外線対策と皮膚の老化についてのページとなります。
口元の老化予防
口元の老化予防についてのページとなります。
食生活で老化予防
食生活で老化予防についてのページとなります。
加齢による睡眠の変化
加齢による睡眠の変化についてのページとなります。
心の老化予防
心の老化予防についてのページとなります。
耳と目の老化
耳鳴り、高い音が聞き取れないなど耳の老化と、老眼、白内障など眼の老化についてのページになります。
筋肉と声帯の老化
筋肉と声帯の老化についてのページとなります。
ロコモティブシンドローム
ロコモティブシンドロームについてのページとなります。
骨の老化
骨の老化についてのページとなります。
歯の老化よりもっと怖い感染症
歯の老化よりもっと怖い虫歯、歯周病などの感染症についてのページになります。
舌の老化予防
舌の老化予防についてのページとなります。
年齢太り?
ダイエットをしても、年齢を重ねるごとにやせにくくなってきていませんか?脂肪を効率的に燃やしてくれるというアロニアについてのページとなります